FC2ブログ

2018年講習会のお知らせ

  • 2037/06/02(火) 21:10:29

9月9日(日)八極拳講習会
9月16日(日)劈掛拳講習会
9月23日(日)翻子拳講習会
9月30日(日)蟷螂九手・推手・散手講習会
10月7日(日)八極拳講習会
10月14日(日)劈掛拳講習会
10月21日(日)通備戳脚講習会

講習会に参加される方は必ず運動靴を持参されるようお願いいたします。

IMG_0101.jpg
練習場所は自前の施設ですので他所からの干渉を受けず練習に集中できますが、激しい動きを伴う練習は屋外となることをご了承ください。

毎週日曜日11:00~12:00 
健康カンフー教室を開催しています。
SCN_0005-min.jpg

通備拳斬卸会は自主学習をサポートいたします。
会員になられた方には技術上の疑問点などにメールまたは動画を使用して対応いたします。質問は無料です。

練習後にはコーヒーや紅茶、軽食をご用意いたします。
なお、個人的な飲食物の持ち込みは全く問題ありません(^∇^)ノ


詳細は通備拳斬卸会HPでご確認ください。

スポンサーサイト

通備拳斬卸会の基本方針

  • 2018/09/08(土) 14:42:40

現在、通備拳斬卸会の会員数は2名に達することが出来ました。これも皆様からの日頃のご愛顧のおかげでございます。
さてここで、通備拳斬卸会の基本方針を今一度はっきりさせておこうと思います。
まず第一に、代表者は決して神棚には載らないということ。常に代表者自身が会員と技術を競い合う立場に身を置くことを宣言いたします。
そして次に、会員にも套路を学んだらそれで自己満足ということは認めません。 
ある程度套路を身に付けた後は散手、つまり対抗性動作、乱取りを経験してもらうことを必修とします。
もちろん散手の強度については個人によって差が出てくるでしょう、しかし最低でも体に触れあう程度のタッチ散手ぐらいまでは全員が経験してもらいたいと思います。もちろん希望者はガチの殴り合いもOKですよo(^▽^)o(スポーツ保険に加入してからね)
そして会員たちの力がついてきた時には他流試合への出場、さらには当会独自のルールによる大会の開催を考えています。(道は遠い)

さてここから先は単なる蛇足なので興味ない方は読み飛ばしてください。

武術系の教室では組手や乱取り稽古をしないところがほとんどです。なぜやらないかと言えば、危険だからできないというのがほとんどではないかと思いますが、もっと突き詰めて言えば自派の技術体系を壊さないような組手ルールを設定できないからということではないかと思います。有名なのが柔道ですね。柔道の創始者である嘉納治五郎は、もともとは現実的な闘争、つまり路上で暴漢に襲われたときなどを想定して柔道のルールを設定したという話ですが、現在の柔道には現実的な闘争ではありえない技、つまりルールの中だけでしか成立しないような技があふれています。この柔道と同じ轍を踏まないために武術系の教室では組手稽古をやらないということだと思います。しかしそうなると武術系教室には、大した実力もないのに偉そうに教えたがる先輩というものが出現しやすくなります。組手稽古という客観的な価値判断システムを持たないがために強さの価値判断がその教室の指導者に一任されてしまう、つまり教室内に指導者の都合に合わせたヒエラルキーを作り出し、指導者に認められた生徒は自分の実力、ひいては自分の存在そのものにまでも過信をしてしまうということです。こうなってしまっては後はカルト集団一直線です。 
通備拳斬卸会ではそういったことが起こらないよう文句があるときは散手で決着をつけろということを推奨しています。通備拳斬卸会では套路で養った地力を生かせるように散手ルールを設定していますので、互いの地力を認め合うことができればわだかまりも消えるだろうと考えます。
通備拳斬卸会は現在の中国武術全体の実力を貶めている人達に対するアンチテーゼとして存在していきたいと思います。

真・八極拳戦闘理論

  • 2018/08/30(木) 23:35:02

八極拳を実際にどう使うか?以前にも書きましたが、この分野の先駆者として存在していたのが七堂利幸氏です。氏の八極拳戦術については概ね私も同意しておりますが、氏が散打大会などを通して示した戦闘スタイルが八極拳とはかけ離れたものであったために氏が批判にさらされたことは周知のとおりです。
思うに七堂氏には武器術、つまり剣棍刀槍の概念が欠けていたのではないのでしょうか? だから八極拳戦術を試す場として大道塾チックな試合ルールを設定してしまい、武器術と互換性のない、振り回すようなパンチキックを打つことになったのではないかと思います。
そこで私は七堂氏に欠けていた部分を補完する形で今回の動画を撮ってみました。
まず、八極ワンツーについてはすでに七堂氏が雑誌「武芸」において紹介しております。
KIMG0060.jpg
しかし七堂氏の八極ワンツーには技の使える間合いへの入り方に対する説明は書かれておりません。
そこで私は、私が「ライン取り」と呼んでいる間合いの詰め方、つまり相手の出っ張りをおさえるように相手に接触していくという方法を加えています。そしてこのライン取りとは、まさに武器術の動きそのものなのです。このライン取りによって相手に接触する、もしくは狙いの空間を占有したところから八極ワンツーへとつなげるわけです。そしてこの八極ワンツーは踏み込んだ足が着地をする前に、突きが相手に到達するというタイミングで打つことが重要です。このタイミングもまた武器を打ち込むときのタイミングに他なりません。八極ワンツーを打っても相手が倒れず間合いが詰まったら、七堂氏は斜跨や雲閉捶という八極拳独特の技につなげると書いていました。私も似たようなものですが、私の場合は腕をクロスブロックにしてぶち当たります。実は八極拳には、このクロスブロックの状態から使える技が豊富にあるのです。さて、ここまで書きましたが、やはり文字や動画では伝えられないものがあります。興味のある方は、ぜひ通備拳斬卸会にご入会ください(^∇^)ノ

技と動きの違いを理解せよ

  • 2018/08/19(日) 23:00:04

中国武術をやったことのある人には常識ですが、中国武術の一つの動作には一つの用法だけということは無く、一つの動作が相手との距離や角度によって様々な技へと派生していきます。
例えば、突きは相手が近いときは肘打ちになり、もっと近いときは頭突きや体当たりになります。また状況によっては突きの動作で投げや関節技に移行することもあります。確かに一つの動作が様々な技に派生するのですが、実はここに落とし穴があります。
ouyou.png

例えばこのシーンの拳児の様に、馬歩横打の拳骨で相手を殴ろうとしたら相手との距離が近かったので肩での体当たりに変化させた、というのは一見もっともらしいのですが、今繰り出そうとした技に対する相手の反応を見てから、その繰り出そうとする技を変化させるということが現実的にはできるわけがありません。以前にも書きましたが相手の攻撃がどういうものであるかを判断してから、それに対する技を選択するなどと言うことは人間の能力的に不可能なのです。既存の中国武術教室ではまず対抗性動作をやらない、やったとしても劣化キックボクシングみたいなところばかりなので大方の中国武術修行者はこんなことにすら気づいていないというのが悲しいことですね。ではどう考えるべきか?実は中国武術の技というものは一つ、もしくは二つのコアとなる動き から派生してになったものなのです。具体例を挙げましょう。劈掛拳には劈と掛という二つのコアとなる動き があってすべての技はこの劈と掛から派生したなのです。


この動画の最初でやっているのは反袞臂という劈掛拳の代表技ですがこの技は劈の動きに捻じりを加えたものです。動画では斬り下ろしの打撃、関節技、直突きへと変化させていますが、実は全て単に劈の動き をやっているだけにすぎません。要するに、相手がどうだろうと自分はコアとなる動き を繰り出す、その結果、相手との距離やら角度やらによって何かの技()になっていたというのが正しいわけです。基本的に、ああしてやろう、こうしてやろうという技はできないものだと思ってください。まあヤマをはってこの技使ってやろうというのはありますが…。中国武術には一つの門派でも膨大な数の套路がありますが、突き詰めればやっていることは一つか二つであるということをご理解ください。

既存の中国武術教室でまず練習しないもの 虚実

  • 2018/08/04(土) 22:41:45

kyojitu.png

中国武術の技を実際に使うためには、虚実の訓練をすることは不可欠です。
しかし、今まで出版された中国武術関係の書籍では、この虚実について語られたことはほとんどなかったと思います。大抵の場合、中国武術の書籍で紹介される用法説明では相手が単発の突きで攻撃してきたところを、こちらは二動作も三動作も費やして技を返すと言ったものばかりで到底実用できるものではありませんでした。けれども既存の中国武術関係書籍のそういった点を指摘して、新たな用法解説を試みた書籍もあります。その書籍は確かに、「相手がワンツーをしてきたらこうする」「ストレートからフックを打ってきたらこうする」というふうに今までと違い連続攻撃に対する対処も織り込んだものでした。しかし、結局のところ「相手が~してきたら」というように相手の攻撃を見てから、その攻撃が何なのかを判断するということを前提としたものでしたので、実際に使えるものではありませんでした。もちろん、初学の段階において相手の攻撃を決めておいて技をかける練習は必要です。しかし多少でも格闘技をかじったことのある人ならば、相手の攻撃を見てから、果たしてその攻撃がストレートなのかフックなのかと判断して、返す技を選択するということがいかに不可能なことであるかが分かるはずです。つまり実際に技をかけるのならば「相手が何をしようが自分はこうする」というものを作らなければなりません。それこそが当会において「ライン取り」とよんでいる動作に他なりません。そしてこのラインを取るために虚実の練習が必要なのです。虚実を鍛えるためには当然、対抗性動作を練る必要があります。しかしその対抗性動作のルールを安易にフルフェイスの面をつけた大道塾ルールのようなものにしても意味はありません。中国武術で虚実を練るためには、いわば剣道で小刻みに竹刀を動かして相手の反応を探るような、そういった練習が必要なのです。そのためには短兵の練習が大いに役立ちますし、当会では「武器術」をコンセプトにした様々な散手ルールを設定しています。中国武術は体術と武器術がリンクするということを今一度ご理解ください。