fc2ブログ

プロフィール

gongze

Author:gongze
FC2ブログへようこそ!
初めまして宮沢雅宏と申します。
中国の西安において馬賢達老師と
田春陽老師より中国伝統武術である
通備拳を学んでまいりました。
このブログには武術に関する理論やエッセイを掲載してまいります。

本格中国武術教室通備拳斬卸会、現在会員募集中です!
入会や講習会についてのご案内は通備拳斬卸会HPを御覧ください。

リンク

最新記事

twitter

こちらもよろしく

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキングに参加中!

クリックよろしくお願いします(^O^)/。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア

武器術を学ぶということは武器から身を守ることにもなる

このブログでは武器術と体術の一致についてさんざん述べてきましたが、そもそも武器術と体術を一致させることにどのような意味があるのでしょうか?中国武術が剣棍刀槍の動きを多局面へと応用させるような構造になっているということはもはや周知のこととして、実は武器術と体術を一致させることは護身術の観点からも重要な意味を持ちます。そこを理解するために、武術の技とキックボクシングやMMAなどの格闘技の技をもう一度比較してみましょう。
武術家同士の闘いはこのような攻防ラインの下で行うのでしたね。
snap_gongze_201856232410.jpg
対して格闘家同士だと攻防ラインはこうなります。
snap_gongze_201856234520.jpg
さてここで問題です。ナイフを持ってる相手に対して格闘技的な構えを取ったらいったいどうなるでしょうか?

身体を開いた構えはナイフを持った相手から見れば格好のです。
qjdd.png
得意のミドルキックが相手の肋骨を粉砕しても、鳩尾をずぶりとやられたら終わりです。
qjd5.png
得意の右ストレートが相手の顔面を粉砕しても、鳩尾をずぶりとやられたら終わりです。打たれ強さは関係ありません。
つまり格闘技的な構えは刃物を持った相手に対しては大変危険なわけです。それに対して武術の構えはどうでしょうか?

武術のように半身を切った構えはナイフに対して当たる面積を小さくできます。また、鳩尾のような刺されば即死の絶対急所をガードしやすいのも半身を切った構えです。
基本的に武器を持った相手にはこちらも武器を持って対処するのですが、普段から武器術を意識した稽古をしていなければ、いざという時に身の周りにあるものを武器化するということは難しいでしょう。武器化するということが身に着けば、靴も鞄も小銭も立派な武器です。
どうしても武器にできるものが身の周りに無い場合、武術の構えから横蹴りを放って相手と距離を取りましょう。
qjeb.png
横蹴りのようなシンプルな蹴りは格闘技の試合ではあまり使われることはありませんが、護身という観点から考えるとこれほど有効な技はありません。戳脚ではさらに低い体勢から脛を狙ったりします。
よく護身術の指導で武器を持った相手の腕を取り押さえに行くなどということを教えてたりしますが、絶対にやってはいけません。不可能です。相手と適切な距離を取ることを最優先にしましょう。そしてもし狙えるのであれば、横蹴りの体勢から武器を持った相手の腕の肘から上を抑えましょう。ここを取れれば相手の武器を無効化できます。
qjel.png

護身術的な観点においては、武器術を意識した武術の動きは格闘技よりも有効度が高いということを覚えておくべきです。
スポンサーサイト



<< 武術界に蔓延する迷信 床を蹴らない歩法の真実 その1 | ホーム | 中国武術の技は武器術と体術が一致しなければならない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP