fc2ブログ

プロフィール

gongze

Author:gongze
FC2ブログへようこそ!
初めまして宮沢雅宏と申します。
中国の西安において馬賢達老師と
田春陽老師より中国伝統武術である
通備拳を学んでまいりました。
このブログには武術に関する理論やエッセイを掲載してまいります。

本格中国武術教室通備拳斬卸会、現在会員募集中です!
入会や講習会についてのご案内は通備拳斬卸会HPを御覧ください。

リンク

最新記事

twitter

こちらもよろしく

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキングに参加中!

クリックよろしくお願いします(^O^)/。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア

突きの威力を上げたければまずは蹴りを鍛えよ

八極拳は打撃の威力が強いことで知られていますが、他の人の動画の八極拳の表演を見ていると「あ、これは威力出ないよ」という感じのものを結構見ます。そういった八極拳では踏み込みが弱く水平方向への推進力が足りてないのです。
八極拳の威力は下半身から出てきます、ゆえにベンチプレス的なトレーニングをいくらやっても八極拳の威力は上がりません。
「練武まず腿力を求む」という言葉があります。八極拳の威力を上げたければまずは下半身を鍛える必要があります。
拳児では馬歩の状態で何分も耐えるということをやっていましたが、馬賢達老師がおっしゃるには「そういったトレーニングは股関節を固める癖がつくからあまり長い時間やるな、一分もできれば十分だ」とのことで、代わりに踢腿の訓練を徹底的にやらされました。
長拳基本功として有名な踢腿ですが通備のものはさらに胸を大きく開き股関節を可動域目いっぱい使って動かしていくのでかなりのハードさです。馬賢達老師によく注意されたのが「シーガイ(膝)!」で、蹴りの際には膝を完全伸展させることを徹底されました。この踢腿というのは蹴りの訓練だというのはもちろんですが実は歩法の訓練でもあって、踏み込みの強さを養うという意味もあります。
踏み込みの時に膝を完全伸展させてより遠くまで踏み込んだ方が強い突きが打てるというのは、ピッチングの時により遠くへ踏み込んだ方が速い球が投げられるというのと同じ原理です。
日本の八極拳修行者にはこの踢腿の訓練が不足している方が多いように見受けられます。それが地力の弱さにつながっているのではないでしょうか?結局のところ勁とはこの踢腿のようなしんどい練習をこなして身についた身法から生まれる力のことで、勁を発することが発勁です。
まさに修練の蓄積=功夫が無ければできない技術です。
くれぐれも「私が発勁を教えたところみんなあっさりと習得してしまって唖然としてしまった~」的な発言をする人には騙されないようにしましょう(^∇^)
スポンサーサイト



<< 驚異の骨法不動打ち | ホーム | ウソかホントか!?浸透勁 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP