fc2ブログ

プロフィール

gongze

Author:gongze
FC2ブログへようこそ!
初めまして宮沢雅宏と申します。
中国の西安において馬賢達老師と
田春陽老師より中国伝統武術である
通備拳を学んでまいりました。
このブログには武術に関する理論やエッセイを掲載してまいります。

本格中国武術教室通備拳斬卸会、現在会員募集中です!
入会や講習会についてのご案内は通備拳斬卸会HPを御覧ください。

リンク

最新記事

twitter

こちらもよろしく

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキングに参加中!

クリックよろしくお願いします(^O^)/。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア

武術を護身術として生かす! 防御姿勢という概念

もはや何度も言っていることですが武術とは武器術のことです。例え素手で動いていたとしてもその動きは武器術として応用できなければいけない、そこが我々が行う武術とリング上で行う格闘技との大きな違いです。こういった理解が未だ世間一般には浸透していないということは残念なことだと思います。さて、武術というものは主に武器格闘戦用の闘争技術なわけですが、そうした技術はいざという時に凶刃から自分の身を守るということにもつながります。むしろ刃物に対しては格闘技的な動きの方が危険であるということを認識しておくべきです。
刃物による攻撃で一番恐ろしいのが刺突です。もちろん切りつけられても大怪我にはつながりますが、致命傷となるのは圧倒的に刺突でしょう。なので、刃物に対する防御を考える場合、刺突を防ぐことが最優先課題となります。ここで格闘技の構えと武術の構えを比較してみましょう。何度も言っていることですが格闘技というものは両拳を思う存分振り回せるように体の正面を相手に向けて構えるのが普通です。しかしこういった構えは刃物を持った相手から見た場合、刺せる面積が非常に広くなります。
sasareta.png
それに対して武術の構えは相手に対して極端に半身を切ります。これはもちろん武器を操作するために極端な半身になるわけですが、同時に相手から見える体の面積を出来るだけ小さくするという効果もあります。この状態から腕で身体の中心をがっちりと守ることで刺突から身体の急所を守ることができるわけです。
bougyo.png
もし突然凶刃に襲われた場合にとっさにこの構えをとれれば、助かる可能性をかなり高めることができるでしょう。もちろん場合によっては腕を失うことになるかもしれませんが、死ぬよりはマシです。そしてこの体勢からは横蹴りが出しやすいです。横蹴りは格闘技の試合ではあまり使われることのない蹴りですが、護身という観点から見た場合、これほど有効な蹴りはありません。あらゆる蹴り技のうちで最もリーチが長いので、相手の脛や膝など自分にとって最も近い場所の部位に横蹴りをたたき込めれば離脱するうえで非常に有効です。靴を履いての横蹴りは非常に強力なので、うまくいけば相手の膝を砕けるかもしれません。
yokogeri.png
しかし護身の基本は飽くまで離脱です。間違っても刃物をもった相手を取り押さえようなどと考えてはいけません。
そしてこの構えに上乗せする形で鞄などで正中線を守ればさらに身体を守りやすくなります。
kaban.png
keri.png
人間というものはとっさの時には普段やってる動きが出てしまうものです。とっさの時にレスリングや総合格闘技などの動きが出てしまった場合、刺される可能性を自ら上げてしまうことになるでしょう。とっさの時に取る姿勢を私は防御姿勢と名付けました。武術の動きこそが防御姿勢において最も有効な動きであると私は考えています。
もっとも、最高の護身術というものは危険なことに遭遇しないことです。そのためには危険な場所に近づかない、不必要なトラブルは起こさない、普段から周囲に気を配るなどの心掛けが必要と言えます。そういった見えない部分の対処というものは軍略、兵略、戦略につながるかもしれませんね。武術を行う上でそうした軍略的な知識もある方がよいと私は思います。
さて、ここからは単なるオマケなので読み飛ばしていただいて構いません。以前youtube上で「相手がナイフを持って、めっちゃ強くても奪い取れる」などというタイトルの動画を見ました。拝見してみると非常に体の大きな人が思いっきり体の正面を相手にさらすような立ち方をしつつ無抵抗な相手に対して得意げに関節技をかけているというものでした。さすがに私もあきれ返ったのでその動画に、「絶対に無理です。私がナイフを持って暴れて見せるのでぜひ奪い取ってください」とコメントしておいたのですが、見事に削除されました。 どうも護身術の世界ではかなり有名な方のようですが、自分でも出来るわけないと思っている技術を広める態度は感心しません。もちろんあくまで演武上のことであると断っているのならば話は別です。このことは護身術だけでなく中国武術の世界においても、武術とはまるで関係のない劣化格闘技のようなものを広める人たちにも言えると思います。

スポンサーサイト



<< 通備拳斬卸会会員 K氏の上達 | ホーム | 技術と戦術と戦略 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP